給与計算代行サービスの様々なメリット|企業の業務効率化と環境改善

男性女性

ストレスチェック実施義務

PC

2015年後期、マイナンバー制度の実施とほぼ同じタイミングで企業に義務化された制度が存在します。その制度というのは、ストレスチェックと呼ばれるもので、この制度が義務化されているのは従業員が50名以上勤めている全ての国内企業とされています。従業員が50名以下の企業に関しては、絶対的な義務ではなく努力義務とされています。ストレスチェックの実施は、一年に一度行わなければなりません。
ストレスチェックの内容というのは、チェック項目式となっているため難しいものではありません。企業側の担当者は、ストレスチェックを実施し、回答を回収する際にはその解答を閲覧してはいけません。また、回答を産業医に提出し、産業医から診断結果が届いた場合にも、その診断結果は企業側には開示されません。診断結果が開示されるのは、回答を行った従業員のみとなっています。また、このストレスチェックを実施する時、企業側の担当者は注意しなければならない点が存在します。注意すべき点というのは、ストレスチェックの義務についてです。この義務というのは、従業員に対する回答義務ではなく企業側に課せられた実施義務ですので、従業員に対して回答を強制することはできないのです。また、従業員は診断結果の内容によって、産業医との面談を希望することが可能です。産業医の面談希望は、企業側の担当者に申請する必要があります。この時、企業側の担当者は面談を希望した従業員に対して、不利益となる措置をとってはいけません。